「整体院」,「接骨院」,「整骨院」,何が違うの??

皆さんこんにちは!高田です。今回は「整体院」、「接骨院」、「整骨院」の違いについてお話していきます!

整体院とは?

  • 健康保険、労働災害保険、自賠責保険の請求ができない

  • 国家資格保有者でなくても開業できる

  • 内容の幅が広く、自分に合った施術を受けることができる

整体院と名乗るのに資格は必要ではありません。そのため身体のことをほとんど知らない方から、外国の大学まで行き身体についてしっかり勉強してきた方まで「○○整体院」、「○○カイロプラクティック」、「○○堂」と名乗ることが出来ます。

保険請求がおこなえないので、自費でのお支払いとなります。

最近では柔道整復師鍼灸師などの国家資格を持っていても整体院として開業され、保険請求をおこなっていない所もあります。そのためホームページでチェックしたり、電話で確認しておいた方が安心出来るでしょう。

内容については「マッサージ」、「骨格矯正」、「電気治療」など幅が広く決められていません、言い方を悪くすると「何でもあり」です💦

そのため「内容」、「価格」、「施術時間」、「人柄」などを考慮して自分に合った整体院を探されてみてはいかがでしょうか?

当院ではカイロプラクティックオステオパシーと呼ばれる徒手療法を中心におこなっております。

接骨院整骨院とは?

  • 健康保険、労働災害保険、自賠責保険の請求ができる(非対応の所もあります)

  • 柔道整復師と呼ばれる国家資格が必要

  • 急性期の打撲や捻挫、骨折などの対応・処置に長けている

接骨院」と「整骨院」は呼び方が違うだけで一緒だと考えてください。

柔道整復師という資格が必要で、専門の学校に行って学び国家試験に合格する必要があります。そのため症状によって各種の保険請求をおこなうことが出来ます。

保険適応となる主な症状として、急性の外傷による打撲や捻挫、肉離れなどが挙げられます。骨折や脱臼については医師の同意が必要となります。

保険適応とならない症状として、慢性的な肩こりや腰痛、スポーツでの筋疲労、脳血管障害後遺症に対するリハビリなどが挙げられます。これらは一部なので、保険が使えるか不安な場合は電話にて確認することをお勧めます。

受けられる内容としては、骨や関節、靭帯の施術が中心になってきます。症状によってテーピングや電気療法などもおこなっていきます。怪我の程度によっては応急処置をして、整形外科への受診を勧められる場合もあります。

保険適応でない症状に対する施術については、各々の先生が学んできた内容によるので説明は難しいです。ホームページの内容をチェックしたり、電話で問い合わせてみましょう。当院のようにカイロプラクティックオステオパシーを学ばれている先生も多い印象です。

 

まとめ

  • 国家資格の有無、保険適応の有無によって分けられる
  • 接骨院整骨院でも自費のみの場合もあるため事前に確認を
  • ホームページやブログ、SNSなどを確認し自分に合いそうな所を探しましょう

この業界はコンビニよりも数が多いと言われております。その中ですぐに自分に合う所を見つけるのは難しいかもしれません。しかし困っている方の力になりたいという想いは皆さん持っていると思います😊このブログが少しでも参考になれば嬉しいです🎶

 

これからも皆さんに「頼りになる存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

 

YouTube

ハイブリッド治療院EVA - YouTube

↓TEL↓

0594‐87‐5025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

 

 

 

 

 

整体の後のだるさ・・・それは「好転反応」かも!


整体に行った後は、「眠気」や「だるさ」が出たり、次の日に体調を崩してしまうなんてことはないでしょうか?

 

当院でも次の日が「しんどかった。」と仰られる方も見えます。

 

痛い所が更に痛くなったという場合は問題ですが、「別の場所に痛みが出てきた。」・「身体が火照った感じがした。」などの症状は好転反応と呼ばれるものかもしれません。

好転反応とは?

好転反応とはもともと東洋医学で使われていた言葉のようです。

身体は悪くなっている所を全身でかばっています。

そのため、施術などで身体の一部の状態を良くすると、今まで保たれていた身体のバランスが変化します。その変化の際に生じる様々な症状を「好転反応」と呼んでいます。

主な症状として、

  • だるい、眠い、あくびがでる
  • 頭痛、吐き気、便秘や下痢
  • 痛みの場所の変化
  • 発汗や発熱

など様々な症状がでます。

 

当院でも内臓に対するアプローチをした直後は代謝が上がり、毒素を出そうとする働きが出てきます。その為、2,3日は調子が崩れることがあるかもしれないと伝えるようにしています。

 

好転反応をさらに細かく分けていくと、4つの段階があります。

  1. 弛緩反応
  2. 過敏反応
  3. 排泄反応
  4. 回復反応

それぞれについて説明していきます。

①弛緩反応

身体が施術を受け、本来の正常な状態へ戻ろうとしている段階です。症状としてはだるさや倦怠感、眠気などが出てくることが多いです。

②過敏反応

身体が刺激に対して正常な反応を取り戻してくる時期になります。悪い状態では刺激に対する反応も鈍くなっており、痛みに気付かないこともあります。そのため、別の場所が痛くなるように感じることもあります。この時期は下痢や発汗、腫れなどの症状が出やすいです。

 

③排泄反応

細胞の働きが良くなり、身体から毒素・老廃物を出す働きが強まります。目ヤニや尿の色の変化、吹き出物などが出やすくなります。

 

④回復反応

滞っていた血流が流れ出し、新しい身体への準備が始まります。この時期は代謝も良くなるため、症状としては動悸や発熱、腹痛や吐き気など「しんどい」と感じる症状が出やすいです。

 

このような経過を辿りますが、はっきりと順番を感じるのは難しいかもしれません。

それぞれの時期は1日~数日と言われてますが、身体の状態は人によって異なるので、個人差があると考えて下さい。

 

好転反応がつらい時の対処方法

①水分をこまめにたくさん摂る

水分は身体のエネルギーを作るのにとても重要です。当院でも施術後は水分を摂って頂くようお伝えしております。

好転反応を和らげるのにも水分摂取は有効です。しかし。一気に大量の水を飲むことは避けましょう。1回に飲む量はコップ1杯と決めておくのもいいでしょう。

またアルコールやカフェインの多く入った飲料は控えて下さい。利尿作用により水分を外に出す働きが強まってしまいます。

 

②リラックスできる時間を作る

お風呂にしっかり入る、ゆっくり深呼吸を交えたストレッチなど自律神経を刺激して身体の代謝を良くしていきましょう。リラックスと言っても映画を見る、好きな物をお腹一杯食べるなどは控えましょう。目や内臓への負担が大きく逆効果になってしまいます。

③適度な運動をする

軽めのウォーキングや体操をして身体の代謝を助けてあげることも有効です。しかし、発熱や痛みがある場合は無理せず横になったりして身体を休めてあげてください。

 

まとめ

  • 好転反応には様々な症状があり、身体の状態によって強く出る人もいれば、感じない人もいるなど個人差があります。
  • 症状が強い場合は対処方法を実践してみてください。
  • 症状がひどくなったり、その状態が1週間以上続くなどあれば好転反応とは別の問題があるかもしれません。そんなときは一度お医者さんへ相談してみましょう。

記事を書いていて、改めて私たち施術家はクライアント様の状態を良くも悪くもしているのだと実感しました。

身体への刺激量や、その後の経過の説明などもっと詳しくおこなう必要があると学びました。

これからも皆さんに「頼りになる存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594‐87‐5025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

整体院EVAの症例紹介 脊柱管狭窄症による腰痛、左下肢外側の痺れ、間欠性跛行

皆様こんにちは!桑名市江場の痛み・しびれ専門整体院「ハイブリッド治療院EVA」の院長 高田です。

今回の症例は脊柱管狭窄症による腰痛・痺れ・間欠性跛行で悩まれていたN様(60代男性)です。

犬の散歩や外出することが趣味でしたが、歩くとすぐ左お尻から膝下にかけて正座の後の痺れ感・痛みが出現するとのこと。また長時間立っているだけでも左ふくらはぎの痺れが出てくるとの訴えでした。

「早く以前のようにウォーキングがしたい!」との希望に向けて施術をおこなっていきました。

 

まず痛み・痺れの原因を探していきます。

 

姿勢をみていくと、立っている姿勢では反り腰が目立ちました。

この姿勢の問題は腰骨が反った状態となっていることです。本来であれば背骨は椎体と言われる部分に体重がかかるのですが、反り腰では体重のかかる場所が後方になり、神経の通り道である神経孔が狭くなります。

また下腹部に力が入らないため、腹圧を高めることが出来ません。そのため内臓が重力に負けて下がってしまい、より腰を前方に引っ張ってしまいます。

 

これらの状態が続くことで、腰の周りの神経への血流が滞っていきます。神経も栄養が貰えなければ正常な反応ができません。ちょっとした刺激でも過剰に反応して脳に信号を伝えます。また神経が送る信号に異常が生じているため、脳は戸惑い痺れとして感じます。

 

N様の身体にも症状からしてこのような問題が起きていると考えられました。

 

下腹部を触れると内臓を包んでいる腹膜の硬さを感じられました。また仰向けで寝ると腰とベッドの隙間に手が余裕で入るスペースがありました。左の大腰筋の弱化もみられており、常に筋の緊張が高いと予測できます。それにより左下肢への血流不良が起き痛みや痺れを起こしていると考えました。

 

初回の施術では

・左大腰筋のリリース

・下腹部腹膜のリリース

・腰椎の後弯運動(腰を丸める方向)

 

を実施しました。

初回の施術では左大腰筋の筋力は改善しましたが、左下肢の痛み・痺れは10点(施術前の痛み)から8点ほどの変化でした。腹膜の硬さ・血流不良からくる痛みや痺れは1か月後から変化が出てくることが多い印象です。そのことをお伝えし初回の施術を終えました。

 

2週間後に2回目の施術をおこないました。

以前より左下肢の痺れ・痛みは楽になったがまだ思うようには歩けないとのこと。

変化が出ているためアプローチは継続。股関節の硬さも残っているため柔軟性が出るようアプローチしていきました。

施術直後に左下肢に体重をかけてもらうと楽になったとのこと。

 

その後2週間間隔で継続的に通ってもらい、痛みや痺れがなく歩ける距離は増えてきました。

 

7回目の施術時には左ふくらはぎの痺れが残っている状態でした。

原因を再度確認していくと、左下腿外側の皮膚に突っ張り感が強いことが分かりました。皮膚や筋膜の滑りを促す施術をおこなっていくと左下腿外側の痺れは楽になっていきました。神経と皮膚や筋膜の滑りが問題であったと考えられます。

また歩行も痛みがあったときの癖が残っていたため、荷重がコントロールできるようアプローチしていきました。

 

10回目の施術にて普段のようにウォーキングができるようになったとのことで施術は終了となりました。2週間に1回のペースで約半年かかりましたが、諦めずしっかり通って頂いたおかげだと思います。

 

暖かくなる時期に合わせられたのでなんとか良かったです(^^;

 

これからも皆さんに「頼りになる存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594‐87‐5025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

症例報告 右第4・第5腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛・左股関節痛

皆様こんにちは!桑名市江場の痛み・しびれ専門整体院「ハイブリッド治療院EVA」の院長 高田です。

今回の症例は4年前に右腰椎4番、5番のヘルニアを起こしてから腰痛があり、接骨院に通われていたE様(40代女性)です。

子育てがひと段落したタイミングで自分の身体と向き合おうと思い、当院へ来られました。

運動を痛みを気にせずおこなえるようになり、ダイエットもしたいとのご希望でした。

運動をすると右腰の痛みだけでなく、左股関節の痛みも出てくるとの訴えがありました。

身体の状態を評価していくと、

・右母趾を反らせる力(右長母趾伸筋)

・右膝を伸ばす力(右大腿四頭筋

・左股関節を曲げる力(右腸腰筋

が弱くなっていることが分かりました。

カイロプラクティックの視点で見ていくと、筋肉に問題があるということはそれに対応した腰椎や骨盤に問題があることが多いです。

E様の場合は腰椎4番・5番、腰椎5番・仙椎1番の右椎間関節に圧痛がみられました。

 

その部位の圧痛が軽減する部位を探っていくと、右の仙腸関節、頚椎上部、小腸で反応することが分かりました。

 

仙腸関節や頸椎には圧痛が減る方向へ持続的な圧を加えました。小腸に対しては周囲の腹膜をストレッチするようなイメージで伸ばしていきました。

 

普段のお仕事は事務職でパソコン作業が中心と伺っていたので、腰を伸ばすストレッチをお伝えして初回は施術を終えました。

弱っていた筋力は入るようになりましたが、痛みは6割程残っている状態でした。

 

2週間後に2回目の施術をおこないました。

前回の施術に加え、寛骨・恥骨の矯正をおこないました。それにより左股関節を曲げたときの痛みは軽減されました。

また右腹斜筋や右前鋸筋の硬さがみられたため、右上肢を使って直接ストレッチをおこないました。

腰痛は前回よりも楽になっているので、圧痛が減る部位を探して施術をおこなっていきました。

6回目の施術にて歩行時の腰痛・股関節痛はほぼ無くなりました。

 

運動での痛みもほとんどないとのことで、ダイエットにやる気を出されております♪

良くなるお手伝いが出来て本当に良かったです(^^

現在は仕事の忙しさにより肩こりや頭痛がでることがあるため、2~3週間に1回のペースで頚部や肩関節を中心に施術を継続されています。

 

負担がかかっている所を一つづつ良くしていくことで、身体の自己回復力は高まっていきます。なかなか良くならない痛みで困っているのであればまずはご相談ください。

 

これからも皆さんに「頼りになる存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594‐87‐5025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

症例報告 腰椎椎間板ヘルニア(右腰・股関節の痛み、膝裏から足裏にかけての痺れ)

皆様こんにちは!桑名市江場の痛み・しびれ専門整体院「ハイブリッド治療院EVA」の院長 高田です。

今回は第5腰椎のヘルニアで投薬治療にて痛みは落ち着いたものの、再び右下肢が痛み・痺れてきたと訴え来院された40代男性Iさんの症例報告になります。

 

Iさんの仕事は工場勤務で、重たい物を持って運ぶことも多いとのことでした。班が変わると仕事内容も変化するため、常に身体のどこかしらへは負担がかかっている様子でした。特に右足裏の筋肉はカチカチになっておりました。

 

ヘルニアの症状が再発するということは、腰椎や骨盤、股関節の中で動きの悪くなっている所があると考えられます。そこをかばって第5腰椎の動きが大きくなり痛みを起こしているのではないかと考えました。

 

まずは身体の土台となる骨盤から診ていきました。仙骨や寛骨に代償性の動きがあり、第5腰椎・第1仙椎に圧痛がみられました。

 

その圧痛をモニターにして痛みが軽くなる方向に矯正をしていきました。

 

また骨盤の右回旋が目立っていたため、腹膜の硬さにも異常があるのではないかと考えアプローチしていきました。

辛い物が好きということで負担がかかっていたのか、小腸・大腸の間にある回盲弁に圧痛がみられました。そこをしっかり伸ばしました。ここは多くの方で問題のみられる箇所です。

 

徐々に動きは出てきましたが、お尻周りの筋肉の硬さは残っていたので、そこをしっかりほぐしていきました。

 

初回はこれらの施術で半分程の痛みになったため継続しておこなっていきました。

 

4回目の施術で右下肢の痺れも無くなってきたとの報告を受けました。

 

痛み・痺れを我慢しながらのお仕事は大変だったと思います。良くなるお手伝いが出来て本当に良かったです。

 

現在は2週間に1回のペースで身体のメンテナンスに来てもらっています。今のところ再発なく過ごされておられます。以前のような肩こりも無くなったとのことです。今後とも宜しくお願い致します。

 


これからも皆さんに「大切な存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594875025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

症例報告(肩、肩甲骨の周りが痛い)

皆様こんにちは!桑名市江場の痛み・しびれ専門整体院「ハイブリッド治療院EVA」の院長 高田です。

 

今回は左肩、肩甲骨周りの痛みを訴えられ来院した30代女性Sさんの症例報告になります。

家の近くにある接骨院に通われており、毎回肩甲骨や首回りの筋肉をほぐしてもらっていたのですが、その時は楽になるが直ぐに戻ってしまうとのことでした。

 

これが重要なヒントになります。筋肉を硬くし、痛みを出している別の原因があるのだと予測することができます。

 

半年ほど通われていましたが、対応が毎回同じであることに疑問を持ち、もっと根本的な所から治す必要があるのではないかと考え当院に来院されました。

 

Sさんの姿勢を見てみると、立っている時、座っている時に左肩が挙がっており、頭も正面ではなく右に傾いていました。そのことを伝えると、小さい時から左目に斜視があるとのことでした。

 

骨格の歪みから来る肩の問題というのが1つ候補に挙がりました。

 

また時々腰痛を起こすことがあるということから、骨盤や股関節、下腹部の筋肉の問題からも影響があると考えました。

 

筋力検査をしてみると、左の腰方形筋や大腰筋が働きにくい状態でした。

 

初回の施術では頚部~肩甲帯にかけての骨格の調整、骨盤帯の歪みの修正、肩周囲の筋のリラクセーションを中心におこなっていきました。

 

弱くなっていた筋も働くようになり、肩の動きも軽くはなったものの、肩周りの圧痛は残っている状態でした。

 

2回目の来院時でも症状の改善がみられなかったため、骨・関節の問題は可能性が低いと考えました。再度肩や肩甲骨周りの痛みの出している筋肉をみていくと、棘下筋や小円筋に圧痛があり、本人の自覚している痛みとも一致しているようでした。

そのため、これらの筋肉の圧痛が減る所がないかを探っていきました。

 

探っていくと、胸腺や甲状腺を触れていた時に筋肉の圧痛が無くなりました。

 

これらの臓器は免疫機能やホルモンの分泌をおこないます。

 

甲状腺や胸腺周囲の組織に対して動きが出て血液やリンパ液の流れが良くなることを意識して施術をおこないました。

 

再度棘上筋や小円筋を触れても痛みはありませんでした。その日はそこで終了としました。

 

3回目の来院時には肩の痛みも良くなってきていると嬉しい報告がありました。

 

日常会話の中から、いつも仕事の関係で携帯が手放せないという話がありました。

身体に見えない電磁波は筋肉を知らないうちに緊張させてしまいます。

 

そこで、静電気を発生させない物を身に付けてみてはどうかとお話しました。

ご本人様もやってみるとのことでした。

この日は全身の状態をみながら施術させてもらいました。

 

4回目の来院で左肩は気にならない所まで改善しました。

電磁波の影響はどこまであったか分かりませんが、身体の自己回復力の向上には影響しているはずです。

その後定期的に通ってもらっていますが、左肩の痛みは再発しておりません。

 

骨・関節の問題を抱えている方は多いですが、そこに囚われてしまうと抜け出せなくなってしまうことも。今回のSさんからも多くのことを学ばせて頂きました。

 

これから皆さんに「大切な存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594875025

↓住所↓

桑名市江場718‐1

症例報告 腰痛(左お尻から太ももにかけての痛み)

皆様こんにちは!桑名市江場の痛み・しびれ専門整体院「ハイブリッド治療院EVA」の院長 高田です。

今回の症例は、腰痛(左お尻から太ももにかけての痛み)、側弯症による胃の圧迫感で来院されたSさん、60代、女性の方です。

以前から腰痛はありましたが、我慢して生活していた所、職場や家族から姿勢が曲がっていると言われ背骨が側弯していることに気付いたようです。徐々に症状もひどくなり、少し歩くだけでも左お尻、太もも後ろに痛みが出るようになりました。知人に紹介してもらった整体に行くも、納得した施術が受けられず、ネットで探され当院に来院されました。

 

「孫と旅行に行きたい」との希望があり、当院でも痛み無く歩けることを目標に施術していきました。

 

姿勢は立位、座位ともに側弯がみられていました。脚長差もあり、右足が短い状態でした。猫背姿勢で座っていると胃の詰まった感じがあるとのことでした。慢性的な肩こりの訴えあり。腰の痛みの為、仰向けで寝ることは難しい状態でした。

 

ケンプテスト(座位)左側では左腰部に痛み出現。右側では左腰部に筋の伸張痛あり。

腱反射の亢進はみられず、感覚検査も左右差はみられませんでした。

 

腰椎の3番4番、腰椎5番仙椎1番の棘突起間に圧痛が強くみられました。

モーションパルペーションでは頚椎、胸椎、腰椎部で動きの硬さがみられました。

 

仙骨左後方、左仙結節靭帯、仙腸靭帯に圧痛あり。

 

腹部触診では胃、横隔膜、回盲弁に圧痛あり。

 

筋力検査では左大腰筋、左右の大殿筋に筋弱化がみられました。

 

評価結果より、

デスクワークが中心であり、右側にあるパソコンに身体を捻じって作業をしているとのこと。そうした歪んだ姿勢で仕事を続けていたことが側弯や腰痛に繋がったと考える。

また下腹部臓器は重力により常に下がる力が働くため、慢性的な肩こりや脊柱・骨盤部への負担がかかっている予想した。

そのため、立位姿勢では腰椎の伸展が過剰に起きてしまい歩行時の腰痛を引き起こしていると考えた。

 

施術内容:

(初回)

まず脊柱の動きの改善が重要と考え、頚椎、胸椎、腰椎にモビライゼーションを実施。

 

胃や横隔膜に対して緊張が和らぐ位置に誘導して保持する。

 

脊柱起立筋に対してカウンターストレインで緩む位置で保持する

 

初回では楽な感じはあったが、根本的な腰痛には改善みられず

(3回目)

1回目の施術に加えて、後頭骨のズレを筋膜を使ってアプローチ

回盲弁に対して抵抗感の強い方向を探してその位置を保持。

脚長差は軽減、背中を伸ばしやすくなってきたと。

 

(6回目)

仰向けで眠れるようになってきたとのこと。

うつ伏せにて大殿筋の収縮が強くなるよう頚椎~骨盤帯の調整をおこなう。

アプローチ継続

 

(8回目)

うつ伏せでの骨盤の左回旋は減少、頚椎の側弯も減少してきている。

足根骨の動きを出し荷重バランスを調整していく

 

(12回目)

「歩いても腰の痛みが無くなってきた!」との報告あり。

立位・座位での側弯はあるも、脊柱の柔軟性は改善してきている。

左お尻の痛みはあるが、普段と変わらない生活が出来るようになってきたと。

アプローチは継続とし、定期的にメンテナンスとして通ってもらう。

 

後日お孫さんと旅行に行けたと嬉しい報告がありました(^^♪

 

脊柱や筋肉の硬さがあると、すぐには痛みは改善していきません。しかし身体は少しづつ変化していき、ある所で痛みを感じなくなります。途中で諦めてしまわないよう、身体に起きた変化をキッチリ伝えていくことの重要性を感じました。

今後も多くの方を救えるよう日々研鑽していきます!

 

これからも皆さんに「頼りになる存在・場所」と想われる整体院を目指して精進して参ります。身体のことで気になることがあれば気軽にご相談くださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^_-)-☆

 

ハイブリッド治療院EVA 院長 高田

 

↓当院ホームページ↓

https://xn--cbkz14gxhdg0vwidhw0a.xyz/

↓インスタグラム↓

https://instagram.com/masaya_eva01?igshid=ZDdkNTZiNTM=

↓TEL↓

0594‐87‐5025

↓住所↓

桑名市江場718‐1